KOHの写真館

写真で綴るKOHの日常

震災記念日

11年目の震災記念日。その当日神戸市西区の自宅で震災に遭遇した。
友人の死を知ったのは、1ヶ月も後だった。
震災犠牲者への追悼の意味も込めて始まったルミナリエ。
そのアーチの行き着く先にあるのが東遊園地。
ルミナリエの終点にあたり、毎年美しい装飾で飾られる。
今日はこの地で11回目の震災追悼式典が行われた。
写真は2004年のルミナリエ画像。
この場所の脇にあの灯火で有名な震災モニュメントがある。
その半地下になった部分に犠牲になった友人の名前も刻まれている。

ルミナリエ2004

夜明けの月

昨日は久しぶりにまとまった雨が降った。
大寒波も一休みで3月上旬の気温。
今朝はよく晴れて、西の空には綺麗な月が浮かんでいた。
プレゼントされたばかりのミニ三脚を使って撮影。
デジカメはDMC-LZ2、夜景モード、露出補正-2.0、セルフタイマー2秒。
やはり三脚は便利。

夜明けの月

神戸モザイクの夜景

神戸モザイク、ポートタワーで有名なメリケン波止場を臨むショッピング&レストラン街。このブログの最初の記事で撮影した場所のちょうど反対側からの夜景。
神戸の西端に住む筆者にとっては、車で約1時間のここにはあまり来る機会がない。
煉瓦倉庫を改造したアーリーアメリカン調のパスタハウス(意外とミートソースが旨い!)で夕食を済ませてのワンショット。
大きくはないが、ライティングは抜群に綺麗な観覧車。神戸のデートコースでは定番。
実は、右横に巨大なタンカーが係留されている。暗すぎて撮影できなかったが、迫力満点。機会があれば紹介しようと思う。
相変わらず三脚を持ち歩かないので、手ぶれはご勘弁を。
初めて動画もアップ。デジカメの得意技。

モザイクの夜景モザイクの夜景
モザイクの観覧車イルミネーション

神戸北野坂のイルミネーション

今日は仕事の打合せを兼ねて三宮へ。
ついでに年末から北野坂を飾るイルミネーションを撮影しようと思い立つ。
夜景モードと光学手ぶれ補正がある事から、家族用のPanasonicのDMC-LZ2を持ち出した。
しかし、やはり三脚は必要だったか…涙

北野坂のイルミネーション1
北野坂のイルミネーション2

お年賀

あまりいい年とは言い難かった2005年。
今年こそはいい年にと切に願う。みんなにとっても、私にとっても。

年賀状

雪だるま、雪うさぎ、子供たち

大混乱の大人たちを尻目に子供たちはおおはしゃぎ。
雪だるま、雪うさぎ、短い命を刻みはじめる。

雪だるま
雪うさぎと子供たち

初積雪(自宅前公園にて)

自宅前の公園が雪化粧。12月の本格的な積雪は10年ぶりくらいか。神戸市では交通網が大混乱の12月22日。
滅多に積雪のない地域だけに雪の備えはしていない。
仕事を入れていなくて正解だ。
フェンスにも着雪し、別世界を装飾する。

雪の北場公園フェンス着雪

高台の公園から臨む明石海峡大橋夜景

神戸市垂水区舞子の高台にある古墳公園。住宅街の中にあるひっそりとした公園。
しかし、眺望は最高。明石大橋を眼前に淡路島まではっきりと臨める。
夜景を手持ちで撮影という無謀。手ぶれもご愛敬。

舞子から夜の明石海峡大橋

初雪(兵庫県加東郡社町にて)

社町は自宅から車で1時間ほど北に走ったところ。冷え込んできたと思っていたら、この冬初めての積雪に遭遇。時は12月19日。
朝から、雪道を仕事に向かわれたのだろうか。雪道に残った孤独な足跡に頭が下がる。
今年は紅葉が遅かったが、雪は早かった。落ち葉の上の雪が今年を物語っているかのよう。

雪道の足跡

落ち葉に積もる雪

平荘湖の夕日

兵庫県加古川市にある平荘湖。
四季折々の美しさを湖面に映し出してくれる。
この日も冬の夕日を映し出し、キラキラと輝いていた。

平荘湖の夕日

姫路美術工芸館-清水公照の泥仏

私は趣味を兼ねて身近な工芸作家の方たちを紹介する「アート工芸館」というサイトを主催している。(検索していただければ、最初のページに出てくる)
姫路にこの「アート工芸館」と同じ名前の立派な美術館がある。
それが、「姫路美術工芸館」で、姫路出身の清水公照の作品が常設されている。
この画像は、清水公照が沢山作った泥仏の一つで、三彩釉が施されている。
素朴な中に力強さとユーモアが感じられて、気持ちが温かくなる。

姫路美術工芸館のURLは以下のとおり。
http://www.city.himeji.hyogo.jp/kougei/index.html

清水公照の泥仏

愛機コニカミノルタDiMAGE X20

今日は、いつも持ち歩いてるデジカメを紹介。
非常にコンパクトでレンズが飛び出さない形式の光学3倍ズーム。
シャツのポケットにでも収まるので持ち歩いての記録用としては必要十分な性能。
200万画素モデルだが、サイトにアップしたりサービス判でのプリントならこれで問題ない。
電源が単3乾電池2本というのも重宝する。出先で電池が無くなっても、コンビニなどで簡単に調達可能。
画質は、最近の同クラスのデジカメと比較すると大人しい色調に感じる。
派手さはなく自然な色調なので、少し色合いを強調したいときはパソコンで彩度をアップすることもある。
最近の薄型コンパクトデジカメと比較すると圧倒的にチープな性能だが、使用状況を考えるとまだまだ現役で頑張ってくれそうな相棒である。

DimageX20

ブログ内記事検索
タグ絞り込み検索
スマホお得情報
GainShare
おきてがみ
blogram
レンタルサーバー
楽天市場
Digital Camera
スマートフォン
docomo iPhone5S
docomo iPhone5S








コンパクト
FUJIFILM F770EXR
FUJIFILM FINEPIX F770EXR








一眼レフ
PENTAX K100D
PENTAX K100D with SIGMA 18-200 DC







Lens:SIGMA 18-200mm
F3.5-6.3 DC
Lens
交換レンズ
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
SIGMA 70-300mmズームレンズ








高品質なフォトブック
プロフィール
筆者へのメッセージ
Archives
Amazonのオススメ
Recent Comments
Trend Match RSS
RSS
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
IPv4/IPv6 meter
IPv4枯渇時計
  • ライブドアブログ