KOHの写真館

写真で綴るKOHの日常

サントリー

サントリープレミアムモルツ「SPARKLING GOLD」

プレモル・SPARKLING GOLD
コンビニで年末に見つけた新作ビール、プレモルのSPARKLING GOLD。
シャンパーニュ産の麦芽が使われているということで、フランスの国旗を連想するデザインになっている。
サントリー独特のリキュール感は感じられず、普通に美味しい。

サントリープレミアムモルツ香るエール「初摘みホップ・ヌーヴォー」

サントリー・プレモル香るエール「初摘みホップ・ヌーヴォー」
長男が買ってきてくれたサントリープレミアムモルツの新作。
香るエールの初摘みホップ・ヌーヴォー。
華やかな香りと、青臭ささえ漂ってきそうなホップの風味が新鮮。

サントリープレミアムモルツ「黒」

プレミアムモルツ黒
息子が買ってきてくれたサントリープレミアムモルツの「黒」。
コクは強いがあまりクセはなく、結構飲みやすい。
筆者は秋味系のビールよりは、こちらの方が好みだ。

サントリービール・香るエール(秋)

サントリービール・香るエール(秋)
スーパーのビール売り場もすっかり秋の装い。
サントリーの香るエールにも秋バージョンが出ていたので買ってみた。
通常バージョンよりコクがあるが、その分軽やかさが無くなっている。
筆者は通常バージョンの方が好みだった。

サントリーのオールフリー

サントリー・オールフリー
今回のビールテイスト飲料は、トクホではないサントリーのオールフリー。
サントリーの本物のビールより喉越しがよく、飲みやすいように思う。

サントリープレミアムモルツ「香るエール」

サントリープレミアムモルツ「香るエール」
サントリーのプレミアムモルツ「香るエール」を試させてもらった。
サントリーらしいスピリッツ臭さは無く、華やかさを感じる。
ご馳走様!

サントリープレミアムモルツ「MASTER’S DREAM」

サントリープレミアムモルツ「MASTER’S DREAM」
Tポイントの会員サイトT-SITEで先着順プレゼントに応募。
貰ったのは、ファミマで使えるサントリープレミアムモルツ「MASTER’S DREAM」の引換クーポンコード。
これで1本無料になるので、もう1本買って2本を半額で買った計算。
飲んでみるとキリンラガーに似た飲み口だが、味わうとホップの華やかな香りが立っている。

レモンジーナ

レモンジーナ
売れすぎて出荷が停止しているとの噂で有名な「レモンジーナ」。
拙宅の近所にあるスーパーで見つけたので買ってみた。
レモンの苦味が利いていて大人向けのテイストだった。

ウィスキー蒸溜所で出会ったグラスたち(大阪府島本町)

サントリー山崎蒸溜所で出会ったグラス。
ウィスキー貯蔵樽を象ったような水割りやロック試飲用の愛らしいグラス。
売店で出会った色ガラスが美しいおしゃれなロックグラス。
試飲では山崎12年ものと白州12年ものを水割りで1杯ずつ、
山崎12年ものをロックで1杯。
ほろ酔い気分も心地よい。

山崎蒸溜所の試飲グラス(ロック&水割り)
山崎蒸溜所の販売用ロックグラス

ウィスキー貯蔵樽と試飲(大阪府島本町)

サントリー山崎蒸溜所の貯蔵庫。
何とも言えないウィスキーと樽の香りで飲む前に酔いそう。
試飲コーナーでは、山崎と白州の飲み比べも。
25年ものは1ボトル10万円以上だそう。

サントリー山崎蒸溜所の貯蔵庫
サントリー山崎蒸溜所の試飲コーナー

ウィスキー蒸溜所見学(大阪府島本町)

サントリー山崎蒸溜所を見学。
銅製の蒸溜器が並んだ光景は迫力があった。

ウィスキー蒸溜器のエンブレム
ウィスキー蒸溜器たち
ブログ内記事検索
タグ絞り込み検索
スマホお得情報
GainShare
おきてがみ
blogram
レンタルサーバー
楽天市場
Digital Camera
スマートフォン
docomo iPhone5S
docomo iPhone5S








コンパクト
FUJIFILM F770EXR
FUJIFILM FINEPIX F770EXR








一眼レフ
PENTAX K100D
PENTAX K100D with SIGMA 18-200 DC







Lens:SIGMA 18-200mm
F3.5-6.3 DC
Lens
交換レンズ
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
SIGMA 70-300mmズームレンズ








高品質なフォトブック
プロフィール
筆者へのメッセージ
Archives
Amazonのオススメ
Recent Comments
Trend Match RSS
RSS
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
IPv4/IPv6 meter
IPv4枯渇時計
  • ライブドアブログ