KOHの写真館

写真で綴るKOHの日常

映画

スタートレックBEYONDブルーレイディスクAmazon特別版

スタートレックBEYONDブルーレイディスクAmazon特別版
スタートレックBEYONDのブルーレイディスク、Amazon.jp限定の特別版を購入した。
2Dの通常版に3D版と特典映像付きで、オリジナルのスチールケースに収められている。
劇場では字幕を追っていて映像に集中できなかったが、吹替で観られるのでありがたい。
もちろん3Dで観賞したが、前作同様エンディングのCGが美しく迫力があった。

ブルーレイディスク「STAR TREK INTO DARKNESS」

ブルーレイディスク「STAR TREK INTO DARKNESS」
ブルーレイプレーヤーを購入したので、ブルーレイディスクも購入。
最初に選んだのは、2013年制作の「STAR TREK INTO DARKNESS」3D同梱版。
3Dで観賞すると、冒頭で描かれる異星人が放つ矢を思わず避けてしまう。
エンディングのCGも3Dで観ると、美しく迫力ある映像を楽しめる。

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

ポスター「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」
コンビニで昼食を済ませた後、ハリーポッターシリーズの新作映画を観賞に行く。
CGを含めた特撮(今はVFXと言うべきか)の仕上がりも素晴らしく、ゆっくりと楽しめた。

イオンシネマ明石で「インフェルノ」を観賞す

イオンシネマ明石の案内ボード
10年ぶりにラングドン教授が帰ってきた。
ダン・ブラウンの小説に登場する主人公だが、今回は映画「インフェルノ」。
JR大久保駅前のシネコン「イオンシネマ明石」へ一人で出掛ける。
「ダビンチ・コード」や「天使と悪魔」より謎解きが少なかったように感じる。
映画としてはスピード感のある展開と、どんでん返しのストーリーが楽しめた。

週刊大衆の特集・スタートレック

週刊大衆のスタートレック特集
明日香播磨店での時間調整に数冊の週刊誌を読んでみた。
その中の1冊、週刊大衆の特集ページにスタートレックが載っていた。
普段週刊誌など読まないのだが、こうした大衆紙に特集が組まれているのは意外。

アースシネマズ姫路とスタートレックBEYOND

アースシネマズ姫路のロビー
待ち望んでいた映画、スタートレックBEYONDを観賞するために訪れたアースシネマズ姫路。
まだ新しい映画館で、開放的なロビーのデザインが素敵だ。

スタートレックBEYOND記念グッズ スタートレックBEYOND記念エンタープライズPPクラフト
物販スペースには、普段お目にかかれないスタートレックグッズが置かれていた。
同行した三女がワッペンバッジを購入、晴れて艦隊士官となった。

STAR WARSのアナログレコードを楽しむ

STAR WARSのサントラレコードとミーコ版
新作映画の公開が話題となったSTAR WARS。
1作目の公開当時10代だった筆者はロードショーで映画を見て感動。
当時同居していた祖母におねだりして買ってもらったサントラ盤レコードを引っ張りだした。
押し入れの奥にしまってあったオリジナルサウンドトラックの横にはミーコ版のレコードも。

STAR WARSのサントラレコードの裏面 STAR WARSのサントラレコード(演奏中)
今も現役で動いてくれるターンテーブルも筆者が高校生の時に買ったもの。
レコードジャケットの裏側はダースベーダーのイラストが描かれている。
オリジナル版の壮大な世界観と軽快なシンセサイザーPOPSのミーコ版を楽しんだ。

U.S.S.エクセルシオール

U.S.S.エクセルシオール
スタートレックネットワークジャパンが開催しているデアゴスティーニ杯クイズ大会。
スタートレックのファンである筆者も会員登録し、ショートコースに参加。
先日終了した初級コースで全問正解者の中から抽選で選ばれ、賞品が送られてきた。
スタートレックの映画版に登場した「U.S.S.エクセルシオール」の模型だ。
ブリッジ部分を押すと、出演者の声とともにLEDが点灯するようになっている。

U.S.S.エクセルシオール(ケース) スタートレック ネットワーク ジャパンからの案内状
引き続き中級コースにも参加中だが、続けて賞品獲得は難しいかもしれない。
しかし、参加していることがちょっとした楽しみなので、気にはならない。

大阪ステーションシティシネマ

大阪ステーションシティシネマのロゴ ラストミッションの前売り券
大阪駅まで来た目的、映画「ラストミッション」の鑑賞のため大阪ステーションシティシネマに入館。
前売り券をいただいていたが、既に兵庫県でのロードショーは終わっていた。
この劇場でも終了の前日だったこの日、それでも十数名のお客さんが入っていた。
主演のケヴィンコスナーは渋くカッコいいが、内容は予定調和的で安心して観られた。

トランスフォーマーのオブジェ(大阪駅前)

トランスフォーマーのオブジェ トランスフォーマーの大型ポスター
大阪駅ビル11階にある映画館へと向かう途中、公開間近だったトランスフォーマーのオブジェが目を惹く。
筆者は子供の頃からSF好きではあるが、この手はあまり好みではない。
しかし、この大型オブジェは結構な迫力だ。

JR鷹取駅前の「少年H」ポスター(神戸市長田区)

鷹取駅前の「少年H」ポスター1
仕事で降り立ったJR鷹取駅前に映画「少年H」のポスターが大きく貼り出されていた。
神戸フィルムオフィスの仕事ぶりも紹介されている。

鷹取駅前の「少年H」ポスター2   鷹取駅前の「少年H」ポスター3
この少年Hは、妹尾河童の自伝的小説の映画化らしい。
ロケの大部分を神戸で行ったようで、鷹取駅周辺でも何カ所かロケ地になっている。
もう少し時間があり、もう少し気温が低くなったら、ゆっくり観てみたい。

てぃだかんかん

ワーナーマイカル加古川で1日の映画の日に「てぃだかんかん」を観た。
「笑い」の精神的効用はよく言われるが、感動の涙はそれを上回るという説も。
ほぼ実話通りのストーリー展開に派手さはないが、爽やかな感動の一作だった。

ワーナーマイカル加古川てぃだかんかん

映画「スタートレック」DVD限定版

スタートレックDVD限定版

予約していた映画スタートレックのDVDが届いた。
エンタープライズNCC−1701の模型付き限定版。
円盤部分にはDVDが収納できる。

エンタープライズNCC-1701DVDinエンタープライズ

映画グッズのお店「シネマインク」(神戸市元町)

元町商店街の裏道を歩いていると見つけた看板。
スポックのブロマイドに惹かれて「シネマインク」の店内に。
同じものは無かったが、STAR TREKの大型ブロマイドを購入した。

シネマインクの看板STAR TREKのブロマイド

スター・トレック

映画ファンの日に観た「スター・トレック」。
昔「宇宙大作戦」という邦題で放映されていたSFドラマのリメーク。
トレッキーの末席を汚す筆者としては涙もののストーリー。
印象に残ったのは、年老いたスポックが若い自分に言った言葉。
「論理的に正しい道を選ぶより自分が正しいと感じた道を選べ」。
自分は、正しいと感じたことをどれだけ選び取って来られただろうか。

NCC-1701横NCC-1701前
ブログ内記事検索
タグ絞り込み検索
スマホお得情報
GainShare
おきてがみ
blogram
レンタルサーバー
楽天市場
Digital Camera
スマートフォン
docomo iPhone5S
docomo iPhone5S








コンパクト
FUJIFILM F770EXR
FUJIFILM FINEPIX F770EXR








一眼レフ
PENTAX K100D
PENTAX K100D with SIGMA 18-200 DC







Lens:SIGMA 18-200mm
F3.5-6.3 DC
Lens
交換レンズ
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
SIGMA 70-300mmズームレンズ








高品質なフォトブック
プロフィール
筆者へのメッセージ
Archives
Amazonのオススメ
Recent Comments
Trend Match RSS
RSS
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
IPv4/IPv6 meter
IPv4枯渇時計
  • ライブドアブログ