KOHの写真館

写真で綴るKOHの日常

温泉

丹生山田の里温泉「銀河の湯」(神戸市北区)

丹生山田の里温泉「銀河の湯」
ランチの後は、みのたにグリーンスポーツホテル内の温泉「銀河の湯」へ。
開放的な露天風呂が特徴で、神戸市北区の箕谷周辺を一望できる。
ちょうど大相撲大阪場所の時期で、ある相撲部屋が宿泊していて土俵も作られていた。

潮彩きらら祥吉の温泉(兵庫県赤穂市)

「潮彩きらら 祥吉」の新館露天風呂
海宝での昼食の後、赤穂御崎温泉まで走り「潮彩きらら 祥吉」へ。
温泉旅館だが、午後3時までは日帰り入浴もできる。
と、去年も紹介した温泉旅館へ行く。
今回は新館の温泉が男湯の日だったが、新しく綺麗でも少し狭い。

「潮彩きらら 祥吉」の新館浴室 「潮彩きらら 祥吉」の新館浴室に置かれた巨大ソファ
強い冬型の気圧配置で台風並みの風が吹き、時折雪も降ってくる天候。
そのせいか大きなソファーが屋内の浴室に置かれている。
海を眺める露天に置かれていた方がいいと思われるが、強い風のせいで中に入れたのか。

すずらんの湯(神戸市北区)

すずらんの湯のエントランス すずらんの湯の中庭
くら寿司での昼食の後、長男と訪れた温泉施設「すずらんの湯」。
野天風呂と言う言葉がぴったりの雰囲気がある露天風呂がいい。

官兵衛の湯(兵庫県西脇市)

官兵衛の湯
らんめんでの腹ごしらえの後、前回入浴できなかった「官兵衛の湯」へ向かう。
ここも9年半ぶりだが、その時は「へその湯」という名称だった。
様々なサービスが増えていて、その分外観も派手になっている。
浴室内は畳敷きになっていて、露天風呂も広めになったようだ。

官兵衛の湯の天丼定食(兵庫県西脇市)

官兵衛の湯の天丼定食
墓参りからの帰路、兵庫県西脇市の「官兵衛の湯」で昼食を摂る。
天丼定食を注文したが、値段も意外とリーズナブルで味も良い。

官兵衛の湯 官兵衛の湯ポスター
西脇市は東経135度・北緯35度の交差点があることから、以前は「へその湯」と名付けられていた。
大河ドラマ放送を機に改名されたようだが、施設も拡張されているようだ。
次回は入浴も兼ねて訪れたいと思う。

一宮温泉「まほろばの湯」(兵庫県宍粟市)

一宮温泉「まほろばの湯」
先日設備不良で休館だった温泉、一宮温泉「まほろばの湯」を訪れた。
再開キャンペーンで入浴料が半額、レストラン「まほろばの里」もセール中だった。

まほろばの里の鶏の唐揚げ定食 まほろばの里の里芋のコロッケ
通常890円の特製山椒醤油仕立ての「鶏の唐揚げ定食」が、税込500円。
里芋で作ったコロッケというのも珍しかったので注文。
唐揚げは平凡だがボリュームはあり、里芋コロッケはクリーミーな食感で美味しい。

竹乃湯温泉と菖蒲湯(兵庫県三木市)

竹乃湯温泉      竹乃湯温泉の看板
5月5日のこどもの日、長男と温泉へ行こうと訪れた兵庫県三木市の竹乃湯温泉。
建物は綺麗だが、本当の温泉ではなくいわゆる銭湯だ。
入浴剤の入った小さな露天風呂には菖蒲の茎が入れられていた。
その風習はすっかり忘れ去っていたが、子供の頃は端午の節句には菖蒲湯に浸かっていた。

華楽の湯(兵庫県姫路市)

華楽の湯の檜風呂
友人のスペーシアカスタムで姫路市のホテル内にある温泉にやってきた。
土曜日の午前中だったが、人影もまばらで檜風呂も入浴者がいない。

華楽の湯のパウダールーム 華楽の湯のロゴ
広いパウダールームも独り占め状態。
天然温泉はどこかから運んできているようだが、とてもゆっくりできるので気にしない。
「華楽の湯」と書いて、「かぐらのゆ」と読ませている。

天然ラドン温泉「若海の宿」(兵庫県淡路市)

天然ラドン温泉「若海の宿」の看板 旅館「若海の宿」
食事を終えた後はお目当ての温泉へ向かう。
以前から行ってみたかった天然ラドン温泉「若海の宿」(わたつみのやど)。
旅館の温泉が日帰り入浴のみなら¥500とリーズナブル。
小ぢんまりとした浴室と半露天風呂ながら、人は少なめでゆっくりできる。

潮彩きらら祥吉の温泉(兵庫県赤穂市)

潮彩きらら 祥吉の露天壷湯
海宝での昼食の後、赤穂御崎温泉まで走り「潮彩きらら 祥吉」へ。
温泉旅館だが、午後3時までは日帰り入浴もできる。

潮彩きらら 祥吉の露天風呂 潮彩きらら 祥吉の温泉玉子用荒湯
天然温泉は露天にある壷湯だけなのが少し残念だが、シャワーの水圧は最高。
宿泊客の入浴時間が午後3時半からなので、入れ替わりギリギリまで居ると貸切状態に。
温泉入口には温泉玉子用の荒湯が用意されている。

しそうよい温泉(兵庫県宍粟市)

しそうよい温泉     よい温泉の岩風呂案内看板
お腹を満たした後の楽しみは温泉、今回来たのは「しそうよい温泉」。
「よい」というのは「良い」ではなく、地名の「与位」から名付けられている。
因みに「しそう」は宍粟市にあるからだが、県外の人はこの市名は読めないだろう。
ここの露天風呂はとても良い感じなのだが、内風呂と離れているのが欠点。
わざわざ「露天岩風呂へもどうぞ」という看板が要るほどだ。

ホテルニューアワジ プラザ淡路島の露天風呂(兵庫県南あわじ市)

ホテルニューアワジ プラザ淡路島の露天風呂1
昼食後に訪れたホテルニューアワジ・プラザ淡路島。
ホテルニューアワジと言えば洲本温泉のほうが有名だが、ここは南あわじ温泉郷。
露天風呂からは、鳴門大橋を眺めることができる。

ホテルニューアワジ プラザ淡路島の露天風呂2 ホテルニューアワジ プラザ淡路島のプール
露天風呂には檜の樽ブロが2つあり、友人と二人で独占していても平日のこの日は問題なし。
宿泊者が入れる時間帯には夕日を見ることもできるようだ。
ロビーから浴室に向かう通路の横には青いプールがあり、リゾート感を盛りたてる。

虹の湯西大和店(奈良県上牧町)

虹の湯の看板
奈良からの帰り道、温泉に寄ろうと探して入湯した「虹の湯西大和店」。
平日ということもあって、ゆっくり入ることができた。
出てくると辺りは暗くなっており、看板には虹のライティングが。

明石海峡大橋と太平のゆ(神戸市垂水区)

マリンピア神戸側から見る明石海峡大橋
明石海峡大橋が望める絶好のロケーション。

太平のゆ(海側) マリンピア神戸(遠景)
ここでひと風呂浴びようと訪れたのは「太平のゆ」。
アウトレットで有名なマリンピア神戸の近くにある温浴施設。
心身共にリフレッシュできる。

ペプシ「リフレッシュショット」

ペプシ「リフレッシュショット」
ある日の休日、明石市の温泉「龍の湯」へ行った。
風呂あがりにロビーで休憩していると、自販機のドリンクに目がとまる。
カフェイン2倍と炭酸強めのペプシコーラ「リフレッシュショット」
確かにペプシコーラにしては刺激的に感じた。

ブログ内記事検索
タグ絞り込み検索
スマホお得情報
GainShare
おきてがみ
blogram
レンタルサーバー
楽天市場
Digital Camera
スマートフォン
docomo iPhone5S
docomo iPhone5S








コンパクト
FUJIFILM F770EXR
FUJIFILM FINEPIX F770EXR








一眼レフ
PENTAX K100D
PENTAX K100D with SIGMA 18-200 DC







Lens:SIGMA 18-200mm
F3.5-6.3 DC
Lens
交換レンズ
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
SIGMA 70-300mmズームレンズ








高品質なフォトブック
プロフィール
筆者へのメッセージ
Archives
Amazonのオススメ
Recent Comments
Trend Match RSS
RSS
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
IPv4/IPv6 meter
IPv4枯渇時計
  • ライブドアブログ